無料で楽天のRSSにアフィリエイトIDを付加させる方法



無料で楽天のRSSにアフィリエイトIDを
付加させる方法を紹介したいと思います。

まず、xFRUITSに登録します。
登録したら、ログインし、AGGREGATOR RSSをクリックします。

以下のような画面が表示されるので、

(1)のRSS配信リーダー設定の
タイトルとタグを適当に入力して、
(2)のRSS配信リーダー作成のRSS配信またはOPMLに
楽天のRSSを二つ以上、4つ以内で入力します。
楽天のRSSはFEED43で読み込もうとすると、
Monitoring Feed43 feeds from within other Feed43
feeds is prohibited
というようなエラーが出て、読み込むことが
できなので、xFruitsのAGGREGATOR RSSで
楽天のRSSをまとめて、それを回避します。
楽天のRSSは、【楽天市場】リアルタイムランキング
いけばすぐに見つかります。


次に、FEED43という
htmlをrssに変換する無料サービスに登録して下さい。

Create Accountをクリックすると登録画面に進みます。
登録したら、My Feedsからログインして、
Create new feedを選択します。

Step 1. Specify source page address (URL)に
AGGREGATOR RSSで作った楽天のRSSアドレスを入力し、
Encodingには「UTF-8」と入力してReloadボタンをクリックします。
LanguageはEnglishでいいです。


Reloadボタンを押すと、Page Sourceが表示されるので
それを見ながら作業します。


Step 2. Define extraction rulesのGlobal Search Patternは
範囲の選択なので、{%}でもいいのですが、<title>〜</title>の
部分が先頭の方に結構あるので、

<language>jp</language>{%}

と入力して、<language>jp</language>から後の部分を対象
にするという設定にしました。
次に、Item (repeatable) Search Patternの設定は、

<title>{%}</title>
{*}
http%3A{%}/&amp;
{*}
<img src="{%}"
{*}
</a></div>{%}<img alt=""

としました。このままコピー&ペーストする場合は、
amp;のaは半角にして下さいね。
{%}の部分が抜き出す対象です。
{*}は、対象部分から次の対象部分までを
省くという意味合いにとってもらって結構です。
入力したら、Extractというボタンを押します。
構文などに間違いがなければ、Clipped Dataに

Item 1
{%1} = 5位:【送料無料】セイコー 腕時計 ワイアード エフ...
{%2} = //item.rakuten.co.jp/asr/agek034
{%3} = http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/...
{%4} = ブランド名:ワイアード エフムーブメント:クォーツ...

Item 2
{%1} = 6位:時計市場ランキング殿堂入り受賞記念感謝企画です...
{%2} = //www.rakuten.co.jp/tokeiten/488926/435467
{%3} = http://image.rakuten.co.jp/wshop/data/ws-mall-img/...
{%4} = 楽天市場の時計ジャンル上位獲得中!ギフト包装は...

のように表示されます。

Step 3. Define output formatには楽天のRSSの
内容が表示されているので、Feed Linkに
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0a1f6e6f.ff524749/?url=
http%3a%2f%2franking.rakuten.co.jp%2f
のように楽天アフィリエイトで取得したアドレスを記入して、
後はそのままでいいです。

で、最後にRSS item propertiesを設定します。
Item Title Templateは、{%1}
Item Link Templateは、http://pt.afl.rakuten.co.jp/
c/0a1f6e6f.ff524749/?url=http%3a{%2}%2f
のように{%2}で取得したアドレスを楽天アフィリエイトの
アドレスに挿入して入力し、
Item Content Templateには本文の雛形を入力します。

<a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1CAKL5+
3PYJW2+5WS+BWVTD&a8ejpredirect=http%3A{%2}%2F"
target="_blank">
<img border="0" alt="" src="{%3}"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="http://
www13.a8.net/0.gif?a8mat=1CAKL5+3PYJW2+5WS+
BWVTD" alt=""><br>
<a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1CAKL5+
3PYJW2+5WS+C1DUQ&a8ejpredirect=http%3A{%2}%2F"
target="_blank">{%1}</a>
<img border="0" width="1" height="1" src="http://
www15.a8.net/0.gif?a8mat=1CAKL5+3PYJW2+5WS+
C1DUQ" alt=""><br>
{%4}

Item Content Templateでの本文の雛形には、
A8ネットのタグを使いました。これは別に
楽天アフィリエイトのタグでもいいです。
後はPreviewボタンを押すと、Feed Previewの部分に
RSSのプレビューが表示されるので、
ちゃんと表示されていれば成功です。

Step 4. Get your RSS feedでFeed URL isのアドレス
をクリックすれば、楽天のアフィリエイトID付きの
RSSが手に入ります。
私が作った楽天のID付きRSSは、こちら

RSSをブログに自動投稿させる方法はこちら

無料でDMMのRSSにアフィリエイトIDを付加させる方法
無料でアマゾンのRSSにアソシエイトIDを付加させる方法
無料でビッダーズのRSSにアフィリエイトIDを付加する方法




ロボット型検索エンジン攻略ランキング