無料でアマゾンのRSSにアソシエイトIDを付加させる方法



無料でアマゾンのRSSにアソシエイトIDを
付加させる方法を紹介したいと思います。
ブログの自動投稿機能を使うと、
アマゾンのアソシエイトID付きのRSSを
ブログの記事として自動投稿できますよ。

まず、FEED43という
htmlをrssに変換する無料サービスに登録して下さい。

Create Accountをクリックすると登録画面に進みます。
登録したら、My Feedsからログインして、
Create new feedを選択します。

Step 1. Specify source page address (URL)に
アマゾンのRSSアドレスを入力し、Encodingには「utf-8」
と入力してReloadボタンをクリックします。
LanguageはEnglishでいいです。

アマゾンのRSSアドレスは、アマゾンのページに行けば
ベストセラーとかのページの下の方に付いているので、
それをクリックすればRSSのアドレスが表示されます。


Reloadボタンを押すと、Page Sourceが表示されるので
それを見ながら作業します。


Step 2. Define extraction rulesのGlobal Search Patternは
範囲の選択なので、{%}でもいいのですが、<title>〜</title>の
部分が先頭の方に結構あるので、

<language>ja-jp</language>{%}

と入力して、<language>ja-jp</language>から後の部分を対象
にするという設定にしました。
次に、Item (repeatable) Search Patternの設定は、

<title>{%}</title>
{*}
<link> {%} </link>
{*}
<img src="{%}.jpg

としました。
{%}の部分が抜き出す対象です。
{*}は、対象部分から次の対象部分までを
省くという意味合いにとってもらって結構です。
入力したら、Extractというボタンを押します。
構文などに間違いがなければ、Clipped Dataに

Item 1
{%1} = #1: EPSON インクカートリッジ(6色セット) ...
{%2} = http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83...
{%3} = http://ecx.images-amazon.com/images/I/41...

Item 2
{%1} = #2: キヤノン インクタンク BCI-321(BK/C/...
{%2} = http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83...
{%3} = http://ecx.images-amazon.com/images/I/4...

のように表示されます。

Step 3. Define output formatにはアマゾンのRSSの
内容が表示されているので、Feed Linkに
http://www.amazon.co.jp/商品アドレス&tag=アソシエイトID
のように記入して、後はそのままでいいです。
アマゾンのアソシエイトIDは、ページアドレスの後ろに、
&tag=アソシエイトIDと付け加えるだけで認識してくれます。

で、最後にRSS item propertiesを設定します。
Item Title Templateは、{%1}
Item Link Templateは、{%2}&tag=アソシエイトID
のように入力し、
Item Content Templateには本文の雛形を入力します。

<a href="{%2}&tag=アソシエイトID">
<img src="{%3}.jpg"></a><br>
<a href="{%2}&tag=アソシエイトID">{%1}</a><br>
「{%1}」は、Amazon.co.jp: 家電・カメラの
ベストセラーにランクインしています。

後はPreviewボタンを押すと、Feed Previewの部分に
RSSのプレビューが表示されるので、
ちゃんと表示されていれば成功です。

Step 4. Get your RSS feedでFeed URL isのアドレス
をクリックすれば、アマゾンのアソシエイトID付きの
RSSが手に入ります。

RSSをブログに自動投稿させる方法はこちら

無料でDMMのRSSにアフィリエイトIDを付加させる方法
無料でビッダーズのRSSにアフィリエイトIDを付加する方法
無料で楽天のRSSにアフィリエイトIDを付加させる方法




ロボット型検索エンジン攻略ランキング